無題

バイトで失敗。

古文で悩んでる生徒に対し調子にのって過剰指導。別に担当じゃないし、授業でもないのに。教室長から注意あり。いきってしまうくせがでたなぁ。でも知ってることだったから張り切って喋りたかった。

 

今日は学校で、逆に古文がうまくできなくて答えられなかったから答えられる質問には嬉々として話してしまった。ゼミは特にうまくいかなくて、ゼミ担任ともうまくいかないし今日は他のゼミ室で自分のゼミに行きたくないと騒いでしまった。ゼミ生はきっと引いちゃってるだろうな。もうゼミ室行けない。というかしばらくいかないと決めた。どのツラ下げて…。なんかもう調子に乗っちゃってるのどうにかならないか。学校をうまくやろうとするとバイトで失敗して、バイトでうまくやろうとすると学校がダメになる。

言い訳だけど、今日はいろんな生徒が話しかけてくれて楽しかった。同僚ともいい感じで話せたし、指導も三人まんべんなく出来たからいい日だなと思ってきっと調子に乗っていた。猛省、猛省。

 

良くない。忘れたい。

 

日記には楽しいことだけ書いておきなさいと言う人がいるけど、悪いことを書いて忘れたい派だ、文字にするとなんとなく消えて行く気がする。

おかげで毎日日記をつけていた中学時代は悪かったこと辛かったことはほとんど覚えていない。でも読み返すと本当に恥ずかしいのでしない。

というか中学時代は本当にアホだったのか、自分のことを好きだと噂の男子がいるとか、好かれてて嬉しいとか訳のわからんことしか書いてなかった。中身のない奴…。