彼氏とSNSの話

彼氏はずっといない。三年くらい?特にいなくて困るってことはないが、誕生日が近くなるといた方が楽しいだろうなと思う。今まさにそれ。

 

------------------

根暗で大人しくて可愛くなくて〜と自己紹介している人にも蓋を開けて見れば彼氏がいる、なんてことは多い。ところで、私は逆に心の中でそこそこ自分はかわいいと思っているが待てど暮らせど彼氏はできない!その傲慢さがダメなのだろうか。自信を持て、とか本には書いてあるけど過剰な気の持ちようはあまり関係ないみたい。確かに可愛くなくても良い子だなぁって思う子はいるし、そういう子を目指すべきである。あとはとにかく服やメイクは汚くないよう、流行に乗るように頑張ってるつもりだ。でも私はなんかダサい。周りから見ると残念な人ってイメージなのかもしれない。

全く話は変わるが、私はインスタグラムとツイッターをやっている。どちらもリアルの友達用に作った。最近はツイッターの日常生活の切り取りと言う名のマウントの取り合いに嫌気がさしてきて(というかあまりにも自分と違う華やかな世界を見たくなくて)、アカウントを消したいなとぼんやり考えている。対してインスタグラムは親しい友達だけに公開しているのだが、連絡先などから情報が漏れ、結局身内アカウントになりつつある。鍵をつけているから承認申請が来るのだが、知ってる子だとどうしてもキャンセルできないのだ…。意味ない。多分SNSに向いてないのだと思う。どうでも良いが、自分も含めプロフ画をみんな一番のキメ顔にしているのが面白い。メガネで普通顔のあの子がプリクラでは必ず眼鏡を外すこと、顔を写さず後ろ姿の写真の子、彼氏からもらった腕時計の子…。マウント取り合戦。みんなマウント取れる!と思った写真しかあげないのも面白さの一つ。負ける試合はやらない。やっぱりインスタもやめたい。